ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

長時間のサイクリングで首が痛くなるのを避ける方法

2023/12/28
筋肉のリラックス 電動自転車 首が痛くなるのを避ける方法

自転車が好きな人たちにとって、長時間かつ長距離のサイクリングを行うと、首の痛みを感じることがあります。痛みがひどくなった場合は、首を上げることが困難になり、常に下を向いて走る必要があるため、美しい景色やサイクリングの楽しみを失ってしまいます。特に途中で痛みを感じた場合、まだ半分も終わっていない場合や100キロ以上サイクリングしている場合には、どうすればよいのでしょうか?痛みを和らげる方法はありますか?また、なぜ首が痛くなるのか?予防対策はあるのでしょうか?

 

首が痛くなる原因について、医師は、現在、スマートフォンやタブレットなどの普及により、長期間、正しい姿勢で使用せずに頭を下げることが多くなり、その結果、首の筋肉が軽度に張り詰め、続けてリハビリが行われなかったため、長距離走行中に首の痛みが悪化し、さらに重症化する可能性があります。これに加えて、自転車に乗る際には、以下の点にも注意する必要があります。

 

正しくない姿勢

適切なフィッティングがある場合でも、自転車に乗る姿勢が正しくないと、首や体の部分に痛みを引き起こす可能性があります。正しい姿勢は、上半身の角度が水平線と約45度になるように設定し、上肢がより快適になるようにする必要があります。路面が凹凸不平で振動が強い場合、姿勢が不正確であれば、手、手首、肩、そして首筋に沿って振動が伝わり、首椎が揺れて首が痛くなる可能性があります。

正しくないヘルメットの使え方も首の痛みの原因の一つです。ヘルメットを低く着用すると、前方の道路をよく見るために頭を高く上げる必要があるため、長時間使用すると首が痛くなります。また、ヘルメットのつばを取り付けた保護帽やキャップを着用する場合も同様です。つばが長いほど、前方の道路を見るために頭を高く上げる必要があるため、つばを取り付けないことをお勧めします。

ヘルメットの選択は、軽量化と快適さが基準です。長距離または長時間サイクリングの場合、スポーツカメラやランプなど、重みのあるものを追加するのは避けるべきです。長時間使用すると、首に負担がかかる可能性があります。

フレームサイズが合わない

適切なフィッティングが行われなかった場合、首に不快感をもたらす可能性があります。例えば、フレームが大きすぎる、ハンドルが低すぎる、シートが高すぎる、シートとハンドルの距離が長すぎるなどの理由で、自転車に乗る時に体が前傾となり、前方をよく見るために首を後ろに引かざるを得ず、より多くの首の筋肉を消耗する必要があります。長時間続けると力が失われ、首が痛くなります。以上のように、自転車に乗る際には、適切な休息、リハビリ、適切な注意点を守ることで、首の痛みを和らげ、快適にサイクリングを楽しむことができます。

治療とリハビリテーション

自転車愛好家たちは、長時間の騎乗や首の痛みに悩まされる場合、リハビリセンターで検査を受けるのをお勧めします。筋肉の張り、慢性的な痛みなどの問題があるかもしれませんが、リハビリによって効果的に改善できます。

首の筋トレ

筋トレも、首の痛みを避ける方法の1つです。これによって、首の筋肉、肩甲下筋、斜角筋、菱形筋などの部位を対象に強化することができます。このほか、常に胸を張り、顎を引く姿勢を保つのも重要です。顎を引く動作は、背中の筋肉をリラックスさせたり伸ばしたりすることができ、長時間続けると筋トレになります。このように訓練することで、自転車乗りは肩や首の痛みを避けるだけでなく、日常生活でも痛みを回避できます。

適切な休憩時間を計画

長距離の自転車旅行では、適切な休憩時間を計画することが重要です。適度な休憩で、ストレッチをしたり、横になれる場所を探して首を休めたり、ちょっと仮眠をとることもできます。コンビニを通り過ぎた場合は、氷を買って肌肉を冷やし、リラックスすることもできます。

筋肉のリラックス

もしサイクリング中に首の痛みが起こって、でもまだ長い距離を騎らなければならない場合、肌肉の引き締めを防止する必要があります。同じく、首の筋肉、肩甲下筋、斜角筋、菱形筋などの部分に対して、冷却スプレーを使用して筋肉をリラックスさせることができます。また、マッサージボールを使用して、痛みのある箇所に加圧マッサージを行うこともできます。胸開きストレッチや肩甲骨ストレッチ、首肩後ストレッチを行って、緊張した筋肉を緩和することもできます。手のしびれがある場合、首から手にかけてしびれる可能性があり、例えば頸神経が圧迫される場合があります。この場合は、リハビリセンターで診察を受け、進んだ治療や検査を行い、リハビリテーションを受ける必要があります。

おすすめの記事
こちらもおすすめ