• トップ
  • Makuake掲載中
  • 今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー
今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー

今がチャンス!流行の最先端を走る ミッドソールに3Dプリント技術搭載のスニーカー

希望小売価格 : 15,800
価格 : 12,800円(税込)
https://www.makuake.com/project/3d_printng_shoes
数量
 



3Dプリントスニーカーって??

3Dプリント技術の活用はどんどん進んでいますが、なんとすぐそこまで来ています!

現在、3Dプリント技術は自動車部品や照明器具、ドローンにも使われており、スニーカーのミッドソールも製造されるようになりました。

今までのスニーカーとは違い、素材だけではなく構造の調整も容易にできるので将来的には個人に向けたオーダーメイドのスニーカーを製造可能にします。

※とがった物体などを踏むと怪我の恐れがあり、想定している使用環境はグランドやジムなどです。過酷な環境での使用はしないようにしてください。

大手メーカーの3Dプリントスニーカーは気になるけど高い…

3Dプリントスニーカーをこの機会に試してみたい!という新しいもの好きな方や、

歩いていると足裏が痛くなってくる…

スニーカーが足にフィットしてくれない…

足が蒸れて気になる…と、今履いているスニーカーに満足できていない方に、「3DPrinting shoes」の魅力を余すことなくお伝えします!



・3Dプリントによって実現した複雑な格子構造のミッドソール
・格子構造のグリッドが推進力を生み、衝撃吸収をする
・ニットアッパーとミッドソールにより通気性抜群
・ニットアッパーによって靴下のようなフィット感
・ラバー使用のアウトソールで耐久性を維持

スポーツシューズの基本的な機能はもちろん、独自に開発した3Dプリント技術によって作り上げた格子構造のミッドソールは安定性や軽い履き心地をもたらします。

この機会に、人生で初めての3Dプリントスニーカーを手に入れましょう!






ミッドソールは3Dプリントで作成しています!

独自開発のHALS高速プリント技術によって強度、衝撃吸収、弾力性、軽量化に優れた格子構造を生み出しています。HALS高速プリントは光で硬化し、数十分という短い時間で成形できます。

3Dプリントだからミッドソールの内部を複雑な格子構造にすることを可能にしました。形状や強度を保ちつつ、軽量化でき材料量も減らすことができます。


格子構造のグリッド1つ1つが推進力を生み出します。足の着地後に前への重心移動をサポートし、自然な前進力を感じることができます。

今まで感じたことのない推進力で、滑らかなランニングを体験していただけます。

細かいグリッドは着地の衝撃を分散させるから足への負担をかなり軽減。

グリッドが足をシューズの中央に固定して横方向への動きをサポートし、ハードなトレーニングでも反発力を発揮します。



格子構造は通気性にも優れています。運動中の嫌な足の蒸れも感じにくく、爽やかな走りを続けることができます。




素材は衝撃に強い熱可塑性ポリウレタン。耐熱性や耐衝撃性に強いうえに、さらに軽いという特性を持っています。18万回の折り曲げテストにも耐えました。

また、「3DPrinting shoes」片方325gと350mlペットボトル1本分の軽さなので足への負担もかかりにくいです。運動中も前へ前へと進みたくなります。
※23.5cmの重さです。

トレンドのニットアッパーの技術を使用。編み方と編む強さで密度を調節する人気のニットアッパー技術を取り入れています。

伸縮性があるため、スニーカーなのに、靴下を履いているようなフィット感を味わえます。




通気性を良くするためにアッパーは密度を低く編んでいますが、かかと部分はサポートするためにしっかりと厚く編むといった工夫もされています。

また、アッパーの生地はポリエステルとスパンデックスを使用しているから形が崩れにくくなっています。

ハイカットスニーカーは普通のスニーカーよりもグッと存在感があるため、ワンポイントとして履いていただけます。

スポーツをするときに、足元がオシャレだとモチベーションも上がります。

カラーはグレー、ホワイト、ブラック、ブルーの4色です。

ブラックでシンプルに履くこともできますし、その他のグレー、ホワイト、ブルーは靴ひもの色が目を惹くワンポイントカラーになっているのでパッと見たときの派手さがあります。





アウトソールはラバーを使用しているから耐久性に優れていて、すり減りにくいため長持ちします。



また、靴裏はでこぼこのデザインが滑り止め防止になっているから雨の日も安心して歩けます。


インソールにはポリウレタンを使用し、出っ張っているのがわかります。この出っ張り部分によって足が刺激されて気持ちのいい履き心地になっています。

2017年以来、様々なシューズメーカーで3Dプリントのミッドソールの発売を開始しました。

メーカーのPOLLY POLYMER社でも機械のアップグレードや幾度となく検証を重ねた結果、より快適に履くことのできる3Dプリントスニーカーの製造を行っています。

「3DPrinting shoes」HALS高速プリント技術の開発によって低速、パフォーマンスの低下、高コストなど従来の3Dプリントの欠点を克服します。


3Dプリントスニーカーは長期的に見れば、アスリートそれぞれの生理学的なデータや要望に応じたパフォーマンスを発揮できるように、パーソナルシューズの製造を可能にします。

そんな未来への一歩を、「3DPrinting shoes」で、ぜひ感じてみてください。


「3DPrinting shoes」はまだ個人には対応していませんが、生体の構造や運動を力学領域から解明する生体力学に基づいています。

様々な歩行方法に対応できるようにアウトソールの位置を分析して製造されました。


3Dプリントスニーカーの製作に取り掛かった最初のアイデアから「3DPrinting shoes」はできるまでに100回、ときには1,000回を超える実験をして作成されました。

幾度となく重ねられた実験によって今最適な3Dプリントスニーカーを作成することができました。



注意事項

・靴を水に漬けたまま放置したり、直射日光に当てたり、火で乾燥したりしないでください。靴が変形、変色したり破れる恐れがあります。
・化学物、酸、油などに触れないようにしてください。靴が腐食する可能性がございます。
・とがった物体などを踏むと怪我の恐れがあり、想定している使用環境はグランドやジムなどです。過酷な環境での使用はしないようにしてください。

Q.どのサイズを選べばいいですか?
A.サイズ参考表をもとにお選びください。

Q.お手入れについて教えてください。
A.お手入れについて
・定期的にお手入れしてください。濡れた布(水分量が多すぎない程度)で軽く拭いて、汚れが多いところには歯磨き粉を塗った歯ブラシを使って掃除して水で流してください。
・乾いた布で拭いて、靴の水気を切ってから干してください。
・壁際に靴のつま先を上にして立てかけ、靴底にも風が通るように干してください。できれば靴ひもを外して中に空気が通るようにしてください。
※洗濯機で洗うと靴の寿命が縮むため、推奨いたしません。

Q.サイズによって重量は変わりますか。
A.各サイズにより少し差があります。ページ内で紹介したのは23.5cmのサイズの重量です。




 

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く