ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

e-bikeに乗るときの注意点 雨の日にe-bikeに乗るときの3つの注意点

2023/11/28
e-bike

e-bikeに乗る前に、バッテリーが満充電であることを確認してください。 バッテリーの充電が十分でない場合は、使用する前に十分な充電が必要です。また、充電が十分でない状態で使用すると、バッテリーの深放電を引き起こしやすく、バッテリーの寿命に影響します。 始動時は、電気の浪費や電装品の損傷を避けるため、ゆっくりと加速してください。 走行が終了したときやバッテリーが消耗したときは、すぐに充電してください。 バッテリーを逆さまにして充電することは禁止されています。

e-bike


e-bikeに乗るときの注意事項

I. 走行前の点検

バッテリーが完全に充電されていることを確認するために、バッテリーの充電が十分でないなど、使用する前に十分でなければなりません、低充電状態でバッテリーを使用することはできません、そうでなければ、バッテリーの深放電を引き起こし、バッテリーの寿命に影響を与えることは非常に簡単です。

第二に、e-bikeの正しい運転方法です。

瞬間的な加速で電気を浪費したり、電気部品を損傷したりしないように、発進時はゆっくりと加速する必要があります。 バッテリーとモーターを保護するため、坂道を登るときはペダルでアシストする。 安全確保を前提に、節電のため走行中の頻繁なブレーキや発進は最小限に抑える。 過度の過負荷やモーターへのダメージを避けるため、ブレーキ後にガバナーが締まるような現象は避けなければならない。 E-bikeは人間の自転車とは違い、人間の力だけに頼る車でもなく、自動車とも違う。 電気と人力は、人を疲れさせすぎず、バッテリーにダメージを与えないように、合理的に配置されるべきである。

第三に、正しい充電

走行終了時やバッテリーが消耗したら、すぐに充電すること。 バッテリーを逆さまにして充電することは禁止されており、そうしないとバッテリーの寿命に深刻な影響を与える。 充電器の入力端子と出力端子を接続すると、充電器の緑色のインジケータランプが点灯し、電源が接続されていることを示します。 2~8時間充電すると、充電器の赤色表示灯が点灯し、基本的に満充電であることを示し、電源ソケットを取り外した後、さらに1~2時間フロート充電することができます。 過充電保護装置を備えた一般的な充電器は、長時間(一般的に24時間以上)充電し、一般的にバッテリーの寿命に影響を与えません。

第四に、充電は以下の事項に注意する必要があります。

バッテリーに合わない充電器を使用しないでください。 充電の際、充電器の上に物を置かないでください。 E-bikeの充電器は室内用ですので、乾燥した風通しの良い環境で使用してください。 充電中に異臭がしたり、温度が高すぎたりした場合は、直ちに充電を中止し、点検?修理を受けてください。

雨の日にe-bikeに乗る際の3つの注意点

安易に水につからない  

e-bikeのモーター、コントローラー、バッテリーなど重要な部分は一般的に防水処理されているため、通常であれば雨に濡れても問題ありませんが、だからといってe-bikeが水の中を自由に通り抜けられるわけではありません。 水がひどいところは通らないか、迂回するようにしてください。 e-bikeのモーターは一般的に車輪と車輪の間の後輪の中央に配置されているため、あなたが通過する必要がある場合は、道路上のいくつかの浅い水を選択してみてください、水の深さは、車輪の半分以下がベストです。 モーターが湿気や水に浸かると、ホーンが鳴らない、ブレーキが効かない、コントローラーが正常に動作しないなど、一連の問題が発生する可能性が高い。

雨上がりの乾燥  

夏の雨、屋外で保存されたe-bikeは、屋内でバッテリーを取り外すことをお勧めします。 雨の後のE -バイクは、急いで電源にバッテリーを入れないでください、この練習は短絡の出現を誘発する可能性があります。 大雨が降った後は、風通しの良い場所で乾かしてください。 バッテリーを電源に入れる前に、雑巾やペーパータオルでバッテリーと接続ソケットをきれいに拭いてください。

第三に、チェーンの錆び  

E-bikeのチェーンが雨の後に錆びたら、まず台所を洗剤で洗って錆びを拭き取り、軽油で洗うと簡単に錆を落とすことができる。 また、ヒマシ豆を買ってきて、殻を剥き、細かいフランネルなどで包んで、E-bikeを拭くと、リムやスポークがピカピカになり、防錆にも一定の効果がある。

おすすめの記事