ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

楽しくフィットネスバイクにはこれがおすすめ!

2024/01/03
AIフィットネスバイクx05 サドル高さ調整可能 家族全員で使える 自宅でも気楽にトレニング

フィットネスバイクは自宅で簡単に使え、ダイエットや筋力アップにも役立つ。 では、どのようにフィットネスバイクを選べばいいのでしょうか? フィットネスバイクの使い方、見た目、負荷のかかり方、シートの高さが調節できるフィットネスバイクの選び方、その他、快適さを左右するアイテム、便利なモニター機能などで選ぶことができます。

 フィットネスバイクはどうやって選ぶか!

|有酸素運動を手軽に続けられる「フィットネスバイク」

ダイエットのためにジョギングなどの有酸素運動を試みても、着替えの水筒が必要なことを除けば、天候が悪ければ断念せざるを得ない人も多い。

しかし、フィットネスバイクなら、室内でも問題なく有酸素運動ができる。

また、操作も比較的簡単なので、初心者でも続けやすいフィットネス器具だ。 カロリー消費に関してはフィットネスバイクよりもジョギングの方が効果的だが、運動習慣のない人にとっては非常に現実的なフィットネス器具の選択といえるだろう。

|フィットネスバイクを選ぶ際のポイント

ダイエットや運動不足解消、体力強化やリハビリなど、目的に応じてさまざまなフィットネスバイクがあります。 まずは、フィットネスバイクを選ぶ際のポイントからご紹介します。

・ 用途や形状の違いによるもの

フィットネスバイクの種類によって、メリット・デメリットはもちろん、用途や使用方法も異なる傾向があります。 まず、自分に合ったスタイルを選ぶために、何が必要なのかを知る必要があるのです

リアルな足裏感覚を再現する「アップライトバイク」

アップライト・フィットネスバイクは、上半身が自然に直立し、通常のサイクリングの感覚を模倣したもので、初心者に適している。 また、価格が安いため、最も一般的なタイプのフィットネスバイクである。 また、操作が簡単で使いやすいため、ダイエットや運動不足の解消に最適だ。 長期的な有酸素運動は、脚を細くし、ヒップやお腹をシェイプアップする効果もある。 ハンドルバーと調節可能なシートが付いたアップライト・エクササイズ・バイクを選ぶのもおすすめだ。

「リカンベントバイク」は快適で長持ちする

リカンベントバイクはその名の通り、背中のパッドで前に踏み出すことができるため、背中や腰に負担がかからず、腰痛持ちや虚弱体質の人、高齢者でも長時間運動することが可能です。 手軽に持久力や有酸素運動を高めたい方、リハビリテーション運動をしたい方におすすめのフィットネスバイクです。 大型でありながら、重量があり、安定性、安全性が高いため、リハビリテーションセンターでよく使用されています。

 トレーニング用「フライホイールバイク」

フライホイールバイクは、よりリアルなロードバイクの体験に近いと思います。 フライホイールバイクを使うと、体全体が運動に参加することになるのです。 重厚で大型のガイドホイールを採用し、長短のスプリントや高強度のHITTトレーニングに対応します。 初心者の方から上級者の方まで、幅広くお使いいただけるトレーニング機器です。

ただし、フライホイールは複雑な構造をしており、細部の調整が必要なため注意が必要です。 例えば、椅子の高さや取っ手の位置は、関節を痛めないように適切な位置に調整する必要があります。

フィットネスバイクはどうやって選ぶか!おすすめのフィットネスバイクはNEXGIM X05

では色々と話しましたが、おすすめのフィットネスバイクはありますか?

あります。此度ご紹介するフィットネスバイクはこのNEXGIM X05です。

このフィットネスバイクは重心バランスがとりやすいアーチデザインを採用、力を受ける面積が従来より29%UPし、安全感抜群!年寄りや腰の不具合がお持ちの方には一番適しています。サドルも子供から年寄りまで使えるように145~185センチまでの身長を対応し、家族全員で使うことができます。マグネットが非接触何でペタルを漕いでも静かです。つまみによってペダル負荷を16段階から簡単調整。負荷変化がきちんと感じられるから、ウオーミングアップから高負荷トレニングまで幅広く対応できます。レーニングチューブが搭載されているので、下半身だけでなく、上半身も鍛えることができます。

おすすめの記事
こちらもおすすめ