ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

フィットネスバイクでダイエット効果はどうだろうか

2023/12/27
フィットネスバイク 自宅でも気楽にトレニング

フィットネスバイクを使ったことはありますか。ジムでも自宅でも簡単に乗れるフィットネス器具のひとつで、関節に大きなダメージを与えないという利点があります。しかし、フイットネスバイクのその他の利点やよくある問題点にはどのようなものがあるのでしょうか? 本当にフイットネスバイクでダイエットできるのでしょうか一緒にチェックしましょう!

まずリズミカルな音楽、エキゾチックな照明、そして山、平原、ビーチなど、さまざまな道を走ったときの効果をシミュレートするインストラクションを巧みに組み合わせることで、爽快なエクササイズ感覚を提供する。

次に、エクササイズ・サイクリングのセッションは通常約50分で、7分のウォームアップ、35分のライド、7分のリラクゼーションに分かれている。 ライドに続いて穏やかなウォームアップの曲が流れ、3、4分後、体が明らかに温まったと感じたところで、怪我をしやすい膝や疲れた太もも、腰にストレッチが施される。 エクササイズバイクは頻繁にペースを変えるが、それでも高強度のトレーニングであることに変わりはないので、ウォーミングアップ・エクササイズは入念に行う必要がある。

エクササイズバイクは順次変速できる。 また、エクササイズバイクには、ファーストハンド、セカンドハンド、サードハンドの3つのギアがある。 公式ライドでは、コーチの指示のもと、片手ポジションで重心がお尻にかかり、音楽に合わせて体が上下に跳ねたら、素早くしなやかに走る。

音楽が変わると、インストラクターは両手でハンドルの前部を握り、腰をシートから離し、体を左右に振るスリーハンド・クライミング・ポジションにライダーを誘導する。 両手のポジションはその中間なので、"登る "のに疲れたら、このギアに持ち替えてリラックスし、両手をハンドルの前に出して肩幅に開き、上半身の力を抜いて疲れを取り、背中と腰をストレッチする。

多くの参加者は、エクササイズバイクは、運動の楽しさを高めると信じているが、スポーツの物理的な研究に従事する人々のために、フィットネス痩身女性にしたい、北京体育大学の専門家は、運動のリズムを変えることは減量に資するものではないことを信じて、定常状態の有酸素トレーニングの唯一の小さな強度は、あなたがスリムダウンすることができます信

|フィットネスサイクリングの疑問点

フィットネスバイクに乗ると手足が太くなる? 長年鍛え抜かれた外国人フィットネスインストラクターのたくましくスリムな肉体を見れば、エクササイズバイクで「巨人化」する心配がないことがわかるだろう。

汗をかけばかくほど体重が減るって本当? 実は、減らすべきは水分ではなく脂肪なのです。 汗をたくさんかくということは、実は体脂肪が減っているのではなく、体内の水分が減っているのです。

定期的な運動サイクリングが有効です。

サイクリングは心機能の問題を克服する最良のツールの一つである。

世界人口の半分以上が心臓病で亡くなっている。 サイクリングはいわゆる「横方向の血液消費」であり、脚の血流を圧縮して血管の末端から心臓に血液を戻すだけでなく、実は同時に微小血管組織も強化する。 血管が丈夫になれば、若々しく年齢を感じさせない外見を保つことができる。

定期的なサイクリング運動は高血圧を予防する

定期的なサイクリング運動が、時には薬物療法よりも効果的であることはよく知られている。 また、体重増加を防ぎ、血管を硬化させ、骨の強度を半減させます。 フィットネスのためのサイクリングは薬を必要とせず、体に害を及ぼすこともない。

定期的なサイクリングは減量に非常に効果的である。

統計によると、体重75キロの人が時速9.5マイル(約15キロ)で73マイル(約117キロ)サイクリングすると、体重を半分に減らすことができるが、これは毎日行った場合に限られる。

定期的な運動とサイクリングはスタミナをつける。

適切な運動は、気分を良くし、幸せな気分にさせるホルモンを分泌する。 そしてサイクリングはこのホルモンを分泌する。

上記に加えて、私は「定期的なサイクリング・エクササイズの2つの重要なポイント」は次の通りだと考えている。

自宅で快適にエクササイズを楽しめる

エクササイズ・サイクリングは、上り坂も下り坂も自然に走ることができる。 自宅に居ながらにして、速度や負荷を変えた有酸素運動を疑似体験できるのがメリットだ。 一般的に、エクササイズ・サイクリングは軽いトレーニングと激しいトレーニングに分類されます。 軽いトレーニングは主にマウンテンバイクの環境をシミュレートするもので、脚力、脚の筋力、持久力を高める効果がある。 一方、激しいトレーニングは、非常に激しくエネルギッシュな運動で、減量や痩身に効果がある。

絆と理解を深めることができる。

サイクリングは一人では退屈なので、パートナーと一緒に汗を流すのがベストだ。相互の友情と愛情を高めるだけでなく、集団的団結、相互扶助、励まし合いの精神を十分に体現し、若者がチーム精神を養うのに理想的な環境となる。 最後のアドバイス:エクササイズバイクで運動するときは、呼吸のリズムをコントロールし、運動による疲労を和らげるようにしましょう! エクササイズバイクで運動するときは、いくつかの器具を合わせるのがベスト。 運動の後は、ヨガのようなストレッチを行い、心身をリラックスさせましょう。

おすすめの記事
こちらもおすすめ