ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

ランニングによるダイエットについてのフィットネス知識

2024/01/11
ダイエットの効率が上がる フィットネスバイクの良い点 ランニング 低血糖を防ぐ方法

ランニングは単純なスポーツのように思えるかもしれないが、深く考えてみると、実は注意しなければならないことがたくさんあり、それに注意するかしないかで、ダイエットの効率が上がるだけでなく、体も健康になる。では、トレーニングをより効果的にするためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

 

低血糖を防ぐために、朝のランニング前に食事を摂る必要はありますか?

一般的に、朝ランニングの前に食事をする必要はないと言われています。しかし、事前に水を飲むことをお勧めします。

運動は30分以上続けないと脂肪燃焼効果が得られない?

「運動は30分以上続けないと脂肪燃焼効果が得られない」というのは、まったく科学的根拠がありません。運動が始まった限り、糖質と脂肪が消費されます。 30分後、脂肪のエネルギー源比率は増えますが、増加率は非常に限られています。

 

「ランニングエコノミー」とは?

ランニングエコノミーとは、ランニング中の体力とエネルギーの節約を指します。同じ速度で、心拍数が低いほど、酸素摂取量が少ないほど、楽に走るほど、ランニングエコノミーが優れるということです。トレーニングを長く行い続けることで、ランニングエコノミーを徐々に向上させることができます。  

 

どうすればランニングエコノミーを改善できる? 

ランニングエコノミーは、トレーニング年数、環境、生理学的要因、および生体力学的要因といった多影響を受けています。長期のランニングトレーニング、さまざまなトレーニング方法の包括的な活用、筋肉の弾力性の改善により、ランニングエコノミーを向上させることができます。

 

もちろん、外出したくない場合は、自宅で運動するのも良い方法です。ルームランナーは自宅では場所をとるかもしれませんし、走る音もうるさいので、フィットネスバイクがおすすめです。

 

フィットネスバイクの良いところは、天候に左右されず、昼夜を問わずトレーニングができることです。トレッドミルも天候に左右されないという利点は同じですが、音がうるさいという問題があります。フィットネスバイクは静かでデザインもよく、場所も取らない。また、ロードバイクよりも安定したスピードコントロールが可能で、歩行者の影響を受けず、ロードバイクよりも効果的な有酸素運動ができる。

おすすめの記事
こちらもおすすめ