ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

どのように自転車を軽くする知ってる?

2024/01/09
コンパクトで軽い 自転車の軽量化

自転車を自作するにしても、購入するにしても、サイクリストにとって最大の関心事のひとつは、自転車の重さだ。自転車を買ったり作ったりするにはお金がかかるため、自転車が重すぎると乗り心地が悪くなる。そのため、自転車をいかに軽くするかに関心が集まっている。どうすれば自転車は軽くなるのか、軽くするためにはどんな部品が必要なのか。自転車をより軽く、より安くするためのショッピング・オプションにはどんなものがあるのだろうか?これらの軽量化と変身オプションのいくつかを見てみよう!

タイヤ

 自転車の軽量化には、タイヤの交換を希望される方も多いのではないでしょうか。ロードバイクをよく乗る人にとって少ない予算でより良い軽量化を実現したい気持ちはあるでしょう。アルミパーツをカーボンファイバーパーツに交換するのに比べ、インナータイヤとアウタータイヤの交換は費用対効果の高いオプションであり、コストパフォーマンスの王道とも言えるのでしょう。タイヤのアップグレードは、タイヤが路面に接触しているのを直接感じることができ、その変化をもっと深くに感じることができるようになります。

 

ホイールセット

 

 自転車好きにとって、ホイールセットのアップグレードは、自転車を軽量化するための最も理解しやすい、明白な選択肢です。エントリーレベルの工場装着のホイールセットから、よりこ高級な、市販1万円以上の軽量ホイールセットまで、軽量化効果は抜群でしょう。軽量ホイールセット交換の大きなメリットは、ホイールセットには様々なブランドがあり、自分に合ったものを見つけやすいことです。ハンドル、サドル、変速システムなどの変更に比べ、ホイールセットは制限がなく、金属からカーボンへ、ハイフレームからローフレームへ、いつでも変更できる手段があることです。

 

サドル

 

 アルミサドルをカーボンファイバー製サドルにか代わることで、約100g以上の軽量化が実現されます。、約数十グラムサドルが非常に軽量であることですが、耐荷重については制約されています。一番大切なのはサドルの乗り心地で、たとえ軽くても、しびれたり圧迫感を感じるようでは本末転倒です。例えば高価なカーボンファイバー製のサドルを買ったとしても、自分の乗り方の癖に合わないであれば、やめた方がいいかもしれません。サドルの座り心地は一番重要だから、軽さよりも優先されます。

シートポストとハンドルバー

 

 ハンドルバーも自転車の重量をかなり減らすことができる部品で、アルミハンドルバーからカーボンファイバーハンドルバーにアップグレードすることで、約100gの軽量化が可能です。

 

ディスクブレーキ

 

 自転車を軽くするには、小さいディスクブレーキに交換するのもいい提案です。今やディスクブレーキはどんどん小さくなり、フライホイールの比例も友好的になっていきます。

 

 これだけ多くの軽量化の方法がある中で、ライダーにとって最も重要なエッセンスは、走行効率を取り戻すことであることを再認識することが大切です。 しかし、自分のサイクリング効率を上げるのに、お金をかける必要はない。軽量化やエアパワーはあくまで手段であり、自分に合ったホイールセット、ギア比、トップカセット、心地よくフィットするパーソナルパーツなど、すべては効率を上げるための手段なのです。重い自転車を一気に軽くしてもあまり意味がないですし、非常的に高価な自転車を軽くするにはお金もかかる、10万円の自転車を軽く感じるようにするには数万円かかることも多いし、7kgから6kgにするにも数万円かかることがあります。

おすすめの記事
こちらもおすすめ